内覧会検査 横浜市の 「CHMGT」マンション 6番手 後編

内覧会検査 横浜市の 「CHMGT」マンション 6番手 後編


  前編は、http://kensanno-mansion-advice.at.webry.info/200810/article_8.html


10月12日

■ 内覧会検査当日です。

9:30

□ GYさん御夫妻と最寄り駅前で待ち合わせ。車で現地へ。

  「本番ですっ」

  「がんばりまっす。このところ急に仕事忙しくなっちゃて、連日睡眠4時間なん
   ですよ~」

  マンションに到着し、車から降ろす荷物の多いこと・・・また脚立も持参か?

  「これ、折りたたみ椅子なんですよ。家内が腰痛もちなので、腰掛け用です」

  「奥様は動かないで椅子に座ったまま、御主人をしっかり指揮してください」
  

□ いつもの正門前のコンビに前で立ち話

  「今日は、直前打ち合わせは?」

  「全く必要ありませんね(笑)」

  一人、また一人と助っ人・応援団の人たちが集まってきました。

  マンションがそっくりさんの4番手DOさん。CHの先住民TTさんそして一組のご夫婦。
  更に、極め付きは、目黒駅前のタワーの助っ人5人衆のマンションおたく仲間でも、
  ”プロ級”と言われているTOさんも・・・
  
  「TOさんも、村上さんに検査依頼したいそうですよ」とGYさん。

  「昨日メールしておきましたので、よろしく。年末から来年にかけてです。GYさん
   同様、大勢の仲間ができてます」

□ 「現場検査の要求もなさったんですよね」

  「NM不動産はOKしたんですが、J都市開発が認めなかったんだそうです」

□ 「今日助っ人予定だったOさんから今電話が入って、急用で来られないそうです」

□ GYさん、またどなたかと挨拶されている。ほんとに顔の広い人。
 どうやら、同じく今日内覧会に出席する購入者仲間らしい。
 「入居してないのに顔見知り・・・(笑)」

□ 「2年半も待ちくたびれたでしょう?」

  「後から着工したPTのほうはもう住んでいるんですからね~」

  「2年半の間に、人の輪が出来ました。あら、いつの間にやら本当に輪が出来ちゃたわね」
  と奥様の楽しそうな笑い声が響いた。
  コンビニの前に大勢の人々の丸い輪が確かに出来ていました。

□ 全員そろったところで、”マンションおたく”ことGYさんのオリジナルチェックリストが配布された。
 私もいただいた。
 今日のGYさんはいつもの助っ人ではない、検査の主役なのだ! 
  
  「今日は内覧レディーも必要ないでしょう」

  「レディーさん暇でしょうから私がお相手するわ(笑)」と奥様。

□ 「もう何度もこの門くぐってらっしゃるから、あまり感動もないでしょう?」

   「いやあ、そ~んなことありませんよ~」

10:00 

□ エントランス前でNM不動産のHO課長がGY様御一行様お出迎え。 
   「すみませんね、大勢で押しかけまして・・・」 とにこやかにGYさん 

■ :受付 
 大勢の人たちがGY御夫妻に笑顔でご挨拶。
  「どちら様ですか?」なんて聞かない。
 
  「毎回すみませんねー」 「もう、顔パスです(笑)」

□ いつもの助っ人としての脇のテーブルではない。今日こそはメインテーブルの主役だ。

■ :売主報告

□ 売主3社のうちの内覧会対応幹事会社NM不動産の住宅建築部建築課HO課長
                                  品質管理専門役 SJさん
  
  「SJは、BWのTT様の内覧時に立ち合わせていただきました」

□ 「本日のメニューをご説明いたします(笑) 」 とHOさん。互いに緊張感なし。

■ 売主検査結果報告

□ 大きな検査記録ファイルを開いて説明しようとする。

  「写真撮らせてもらっていいですか?」

  「はい、どうぞ」

□ 「では報告してください」

  「事前にチェックレディによる傷・汚れだけの検査を行いました。こういうところを
  きちんとしておかないと肝心な技術的なところが見えてこないんですよ。7月
  24日にIYが69項目の指摘を行い、8月8日に手直し確認、傷汚れの最終
  確認はMD建設工業のKTが9月16日に行いました。傷汚れ以外の事業主
  自身の検査は、このチェックリスト内容について検査しました。8月28日に売主
  の1社のJ都市開発のMGが検査し9月18日に手直し確認しました。MGは、
  企画から一貫して携わっているものでして、私と同年代です」

  「じゃ、信用できますね。ところで、これまで度々あったサッシュ指挟み防止の
   ゴムキャップの脱落についてはチェック済みなんですね?」
   助っ人での蓄積に基づいた指摘。
 
  「はい」

□ 「指摘の内容の主だったところを具体的に説明してください」 

  SJさんから説明される。
  「アルミサッシュ傷、Pタイル隙間、指挟み防止傷、クレセント開閉きつい等です」
  
□ 「設備関係は?」

  「持ってこさせます」

   どうしていつも、事前に用意しておかないんだろうか?建築的な表面的な報告
  だけすればよいと思っているのか?

  「MD建設設備担当TYから説明させます」
   これも毎回同じ、どうして売主自身が報告しないのだろうか?
  
  「当社の検査では、浴室天井内部ダクトが壁ボードに接触していたので、
   緩衝材にて絶縁しました。事業主の検査は抜き取り検査でして、GY様宅は
   検査しておりません」

  「これまでもEMさんに指摘させていただきましたが、キッチンレンジフードファンの
   内部の電気配線について調べてもらっていますね?それから湯量が調整されて
   いなかったりしましたが・・・ミストサウナもチェックしますので」

  「ミストサウナはご入居前にガス会社が説明しますので、今やるとびしょびしょに
   なっちゃいますので・・・」

  「入居時に問題ないように事前にチェックするんじゃないですか。そのために今日
   来ている。前回のDOさん宅でもやりましたよ」

  「わかりました」

□ 「専有部分の変更はありません。共用部分の変更は内覧後に報告させて
    いただきます」

□ 買主検査記録用紙の確認  記録の仕方の原則確認。

□ 検査準備状況の確認
 「設備機能は全て生きております。検査用具類も全て準備しております」

□ 「騒音実感確認は検査終了後にしましょう」

□ 「手直し残はございません。完璧かと聞かれれば我々としては完璧だと思って
    おります」

   おやおや、NM不動産のHO課長、なんと今日は自分から言った!

   HOさんのてきぱきした進行のお陰で30分もかからなかった。最短記録か。

□ 「それではお部屋へどうぞ」

  「高いわねー」 

  「120mです」

  エレベーターホールの窓からの景色に暫し見とれる。

10:30 
 
■ 入室

□ 立会者 売主3社のうちの内覧会担当幹事会社NM不動産 品質管理のSJさん
        施工者MD建設工業のTJさん
        内覧レディNMさん 

□ 大勢の人たちがひしめき合っている。がやがやとにぎやかだ。

  「DOさん、お宅と勘違いしちゃうんじゃないですか?」

  「はい、全く同じですから。違うのは景色だけ(笑)」

□ GYさんは早くもペットボトルの水を、FIXサッシュの溝に流し込んでいる。しまった、
 先越された。すると次は立派な打診棒を握って外廊下へと飛び出していった。
 やられた。内覧レディからの設備説明があるからと安心していたのがいけなかった。
 これは奥様任せだったのか・・・
 玄関ドアの隙間から覗くと、早くも床の長尺シートを嬉々として棒でこすっている。
 
□ 当方サッシュの気密チェックから開始。全く問題なし。問題あるよじゃ困るよな。
 もう終盤だし、だいいち、チームリーダー宅でそんなことがあったんじゃ・・・
 
□ 玄関の外のポーチや共用廊下はGYさんがやってるので、先にバルコニーをやろう。
 ところがこちらは既にDOさんが、打診棒でコリコリやっていた。
 「やっと一つ見つけました」と嬉しそうな顔。

 「おめでとうございます・・・・・ なんだか変ですね(笑)」

 「やっと打診棒の感触がつかめるようになりましたよ」

□ 当方特に収穫(?)の無いまま順調に進む。

□ 浴室天井の点検口の蓋を開けてドッキリ、恐ろしいものが落ちてきそうになった。

□ 各室のチェックをしていると、一段とにぎやかな笑い声が聞こえてくる。
 もう、皆さんチェック終了のようだ。
 私の残りのチェックを終えて昼休みに。
   

 
13:00

■ 昼食休み 

□ 今日も”BWの集会所”と呼ばれている先住民TTさん宅を提供いただき、8人
 で食事しながら歓談。

□ ひときわGYさんの奥様の笑い声が響く。
 「どうぞ、どこでもお座りになって・・・ あら、ごめんなさいね、私まるでこの家の
  奥さんみたい・・・(笑)」

 「私ら、大阪出身なので、なんでもずけずけ言っちゃうんですよ。大阪に検査に
  行かれたことありますか?」

 「関西の内覧会は十数回行きました。毎回思うのですが売主がいいですね。
  まるで人種が違う感じ。買主の立場になっている。売主と買主とのやり取り
  聞いてて実に楽しいですよ。まるで漫才」

 「思ってること言わなきゃ相手はわかりませんからね。東京に来た時に思いました。
  どうしてみんな黙ってるんだろうと。言わなきゃ伝わらない、コミュニケーションに
  ならないんですよ。どうして文句言わないんやろか、どうして値切らないんやろかと」

 「マンション値切ったんですか?」

 「いや、さっすがにマンションは、やりませんでした・・・(笑)」
  
□ マンションおたくの中でも”プロ級”と尊敬されているTOさんが
 「びっくりしましたよ。検査前の売主との打ち合わせ30分もかからずに終わったので。
  ブログだと2時間なんてのもありましたんで」

 「もう6番手ともなると売主のHOさんも手馴れたもので・・・聞かれもしないのに、
  完璧ですだなんて言ちゃうくらいですから(笑)」

 「HOさん痩せちゃって・・・ 私の分を差し上げたいわ(笑)」

 「打診棒って、あんな簡単なので見えないところの状況がわかっちゃうんですね。
  素人でも出来ちゃう。それなのに毎回同じ指摘をされるなんて。売主は検査
  してないんですかね。ただ棒でコリコリするだけなのに」 TO”プロ”嘆く。


14:20

■ 売主への指摘事項の伝達

□ 立会者 売主 NM不動産 品質管理専門役 SJさん
        施工者 MD建設工業 TJさん
        内覧レディ NMさん

□ 「キッチンレンジフードファン内部の電気配線の一部が露出しています。熱収縮
    チューブで保護してください」GYさん、電気関係にお詳しい。

□ 「リビング床フローリングが軋みます」 GYさんが踏むと沈み込んだ。

□ 「バルコニー キッチン系統の排気が直下の窓開口からリビングに侵入してしまいます。
   排気風の方向を変えるなどの対策をしてください」

□ 「キッチン系統排気のための給気口の金網の目が粗い。これでは虫が入ります。
    目の細かい防虫網としてください」

□ 「洗面化粧台下部の点検口から床下を覗いてみてください。吸音材が見当たり
    ません」

   「奥のほうにしか入っていないので、入れ直します」 

□ 「浴室天井点検口の中を見てください。とんでもないものが乗っかっています。」
    さっき蓋を開けた時に危うく落ちてくるところでした」

  SJさん、恥ずかしそうに錆付いたハンマーを撤去した。

   みんなびっくり。 
  「まあ、どうしてこんなものが・・・記念にもらっておこうかしら」 と奥様。

□ 「リビングの奥の和室ですが、24時間換気用の給気口がありません。これじゃ
   和室内の空気が入れ替わりませんよ」 GYさん、実はとっくの昔に図面上で
   気づいていたのだ。
   NM不動産のSJさん、黙って記録している。
  
  「お線香焚きひょか?」

  「いえ、わかりますよ、襖近くの空気は引っ張られるが、奥のほうの空気が動かない
   ってことですよね」
  SJさんは、今年1月のBWのTTさん宅で立ち会って、同じ指摘を受けたのだから
  よく理解している。それなのに、どうしてこのMGTにフィードバックしなかったのか?


■ 騒音実感確認

□ 売主側で隣戸に入ってもらい、生活騒音相当音を出してもらう。

□ 隣戸 ラジカセの聴こえなくなったレベルを再生して確認する。まだまだ十分に大きい。
      乾式耐火遮音間仕切壁の界壁へのノック音や引戸の閉鎖による固体
   振動音は、大きく伝わってきた。

■ スカイラウンジやゲストルーム見学。
  
15:30

□ 1階の確認会場に戻る。
  HO課長がびっくりしたような顔。ずいぶん早いな・・・ということだろう。
  
■ 指摘事項のまとめ

□ NM不動産建築課のHO担当課長、品質管理専門役SJさん。

□ 読み上げ確認

  1項目だけ記入漏れあり。
  「浴室天井内点検口付近にハンマー置忘れ、が書かれていません」

  「書かなきゃだめですか」 やはり書きたくなかったのだ。

  「間違えば頭に落ちてきて怪我するところでした、記入するのは当然でしょ」

  「えっ、そんなものがあったのですか?我々のチェック後に誰かが作業したとしか・・・」
   とHO課長。
   あの錆具合だと最近使ったとは思えない。相当長いこと置かれたままだったと思う。
   
  「申し訳ございません。原因を究明いたします」

□ 「排気の侵入、和室に給気口なし、新聞受形状等の問題点につきましては、
    売主3社で協議しております。方針決定次第ご回答いたします。確認会
    日程につきましては仮に11月3日とします。手直し完了確認結果は10月
    28日までにご報告いたします。次回確認会時にも今日の立会者と同じ者
    が立ち会います。その旨検査記録に記入いたしました」
  
□ 「今日は順調でしたね」 とHO課長嬉しそうな顔。

  「最初に、完璧だと仰ってたので。聞かれもしないうちから・・・(笑)」

  「すみません、先走ってしまいまして(笑)」

  「おかげさまで順調にいきまして・・・」

16:20

■ エントランス前でGYさん御夫妻と反省会。

□ 「工事の出来は思っていたよりずっと良かったです」

  「施工の完成度は実に高かったですね。しかし設計上の問題がいろいろ
   ありました。これはしっかり改善してもらわないとならない」

  「和室に24時間換気用の給気口が無いことは2年前に指摘していたのに、
    設計変更は出来ませんの一点張り。設計変更なんかじゃないんですよ。
    もともとの設計で問題のあったことの改善なのですよ」

□ 「売主の対応がほんっとに変りました。BWのTTさんの時の対応と大違いです」

  「売主の姿勢が変わったのは、大変な収穫です」

  「もの言う買主でなきゃいけないと思います。先ずは言わなきゃ伝わらない。伝わら
   なきゃ、相手は考えようともしない、変らない」

□ 「HOさんが言ってました。ぶっちゃけた話をするとですねー、買主から余りに厳しい
    要求をされると売主も防御策を講ぜざるを得ないんですよ、と」

  「私達はごり押しするつもりは全く無いのですよ。納得できれば引く時は引く」

□ 「信頼関係が無ければ、そこからは何も生まれませんからね。コミュニケーションが
    無ければ信頼関係は生まれない」

  「大阪人って、ずけずけ言うけど悪気は無いんですよ」
 
  「売主も買主も、大阪人をもっと見習うべきですね」

□ 「今回大きかったのは、やっぱりチーム力ですね。大勢の買主が要求することで
   売主も変わった」

  「今の売主と買主との関係が2年半前に出来ていれば、それこそ完璧だったと
   思いますよ」

  「もう一つマンション買うんですね。NM不動産のHOさん御指名で。そうすりゃ、
  今度こそはなんの苦労もせず、最初っから完璧!な本物のマンションが手に入る(笑)」


16:20

■ 検査終了

■ 検査所要時間  5 時間

■ 指摘事項    47 項目

■ 大きな指摘事項 (傷・汚れ以外) 

□ 共用廊下 床 シート 浮き 多数

□ ポーチ 新聞受がポケット状になっておりゴミが溜まりやすく掃除しにくい

□ ポーチ トランクスペース 扉 開閉時 軋み音

□ バルコニー 床 長尺シート 浮き・剥がれ

□ バルコニー キッチン系統排気が窓開口からリビング内に侵入する

□ バルコニー キッチン系統排気用給気口の金網の目が粗い 虫が入る

□ バルコニー 物干金物 ぐらつく

□ バルコニー 排水溝 ウレタン防水 切れ

□ バルコニー ガラス手摺 ガラス受け桟 がたつき

□ バルコニー 床 長尺シート 浮き

□ 玄関 扉 蝶番に錆付着

□ 玄関 下足入 ハンガーパイプ 取り外しにくい 長さ調整

□ 廊下 天井 クロスに糊汚れ

□ 浴室 天井点検口近くに ハンマーが残置されていた

□ 洗面室 洗面化粧台 下部床下内部に吸音材敷き込み不足 

□ 洗面室 引き出し 閉鎖音が大きい

□ 洗面室 リネン庫 扉 閉鎖音が大きい

□ 主寝室 アルミサッシュ 外障子 開閉時 こすれ音

□ 主寝室 アルミサッシュ 内障子枠 外面傷

□ 主寝室 引戸 戻りが大きい 調整

□ リビング 床 フローリング 床鳴り

□ リビング アルミサッシュ クレセント 軋み

□ リビング アルミサッシュ 指挟み防止 ゴムキャップ脱落

□ リビング 壁 クロス ジョイント部 隙間

□ キッチン レンジフードファン 内部 電気配線 露出部分を保護する

□ キッチン 食器棚 扉 がたつき


■ 問題点

□ 新聞受け ゴミが溜まりやすく掃除しにくい (設計上の配慮不足)

□ キッチン系統排気が窓開口からリビング内に侵入する (設計上の配慮不足)

□ 和室 24時間換気用給気口なし (設計ミス) 

□ 浴室 天井点検口内部にハンマー残置 (検査ミス)


■ 良かった点

□ 売主 建築課担当課長がその完成検査記録を見せて報告したこと

□ 外装・内装の完成度は高かったこと

□ 売主 品質管理専門役が、ほぼ終始立ち会ったこと

□ 施工者が終始立ち会ったこと

□ 売主が騒音実感確認に応じたこと
  (NM不動産としては画期的なこと!他社はどこでもこれまでやってきていることだが)

□ アルミサッシュに指挟み防止ストッパーが設置 (安全配慮)

□ 各室出入口扉にアームストッパー若しくは煽れ止め設置 (安全配慮)

□ 引戸 彫り込み引手に引き残しあり (安全配慮)

□ 主寝室~洗面室間 引戸 両側からの施錠が可能なこと

□ 指摘に対して言い訳などしなかったこと



■ 翌朝、GYさんからメールが届きました。         おつかれさまです。

  昨日は、本当に有り難うございました。
 村上さんは「もう私なんぞ、必要ないと思うのですが・・・」と仰いますが
 私など、所詮は素人で、まだまだ見切れてないところが多々ありました。
 特に、洗面所床下のグラスウール不足やはめ殺しサッシの内側の汚れ
 等、私では気が付かないところが多くあり、内覧会検査の奥の深さと
 村上さんの仕事の確かさを、あらためて実感致しました。

   家内は、あの通り検査を皆さんに任せて、しゃべってばかりなので
 非常に申し訳なく思っておりました。
 しかし、村上さんから、家内が場の雰囲気を明るくして、とても和やかな
 内覧会になったと評価して頂き、本人共々とても喜んでおります。

  また、「MGT」の完成度がこれまでの村上さんのご経験からも非常に
 高いものであることを伺いまして、本当にこの物件を選んで良かったと
 思っております。

  あの後、TTさん宅でお疲れ会を行いました。
 TTさんのお話では、特にこのことを知らせてなかったそうですが、一人、
 二人と、見知った友人達が一品ずつ持ち寄り集まってきていつのまにか、
 盛大なパーティとなっていました。
 彼女の顔の広さと、気さくさが、とても良いコミュニティを形成していると
 思いました。

  私は、マンションとは「近代的な長屋」だと思っております。
 どんなに設備がよいマンションでも、所詮は箱でしかありません。
 大事なのは、そこに住む人達のコミュニケーションだと思います。

  ひとつ屋根の下で、お互いのプライベートを尊重しつつ、お互いが
 都合の良い時に自然と仲間が集まりまた、足りないものをお互いに
 補い合うコミュニティは、「近代的な長屋」であるマンションならではないか
 と思います。

  彼女と親しくなれたのも、村上さんの内覧会のおかげです。
 本当に、人の縁って不思議で、大事なものですね!
 村上さんとのご縁も、これで終わりにすることなく、これからも末永く
 お付き合いして頂けましたら幸いです。

  まだ、チーム村上メンバーの内覧会が2件残っておりますし、寒暖の差
 も増してきておりますので、どうぞ、ムリをなさらず、お身体には十分ご自愛
 下さい。

 P.S.
 理事に立候補しておりましたが、昨日の共有部等の説明会で無事に理事
 になったことが確認できました。
 売主のHOさんからも、「理事のみなさんで共有部の巡回ツアーをやると
 楽しいですよ」と奨められましたので、是非、実施したいと思っております。
 特に、屋上の制振装置は、40tのオモリがぶら下がっている構造で人が
 押しても簡単に動くそうです。
 HOさんも押して確かめられたそうですが、面白かったと聞きました。

  もし共有部確認検査として、村上さんにご依頼できるのであれば、その
 際にご同行頂けると嬉しく存じます。

10月15日

■ GYさんからメール

  10/13は、偶然にもケーキマニアでKAZUさんご夫妻と村上さんに
 お会いできて嬉しかったです。

  あの後、部屋で採寸をしての帰りに、受付でHO担当課長にお会いした
 のですが、HOさんが余りにも驚かれた表情で「今日はどうされたんですか」
 と聞かれたので、採寸で来たんですと言いましたら、すごく安心されたよう
 「そうですか」と笑っておられました。

  もしかしたら、KAZUさんの応援に来たのかと思われたのかも知れませんね。

  追伸
 先日、私の内覧会に同行しましたTO氏から、村上さんから内覧会検査を
 引き受けてもらえたと喜びのメールが届きました。
 どうもありがとうございます。
 私も都合が合えば同行しようと思っておりますので、どうぞ、よろしくお願い
 します。


11月29日

■ GYさんからメール

    ご無沙汰しております。
 懸案の中和室の換気の件ですが、まずはキッチン側に送風機付きの換気扇を付けて
 頂きました。
 また、外壁から給気口の設置については、管理組合総会での許可を貰ってから工事を
 やって頂くことにしました。
 また、総会の資料に必要な図面も作って頂きました。
 完全な解決とは言えませんが、かなりの進歩ではないかと思います。

  昨日、無事、鍵の引き渡しがありました。
 NM不動産のHO担当課長からも、「GYさんのおかげで色々と勉強させて頂きました。
 今回の経験を次の物件に生かして行きたいと思います」と丁寧に、ご挨拶を頂きました。
 私も「色々とうるさく申し上げてすみませんでした」と挨拶致しました。
 このように、売主と良い関係を築けたのも、村上様のお陰です。
 あらためて、御礼申し上げます。

  最後になりましたが、これからの村上様のご健康と、益々のご活躍をお祈り致して
 おります。


12月3日

■ GYさんからメール

  引っ越しの最中で、パソコンの環境が復活しておらず、メールの返信が遅れてしまって
 すみませんでした。

  さて、引っ越しの方なのですが・・・
 幹事会社のNTに依頼していたのですが、フローリングに傷が付き、玄関ドアはへこんで
 しまいました。
 早速、修理の手配となりました。

  また、昨日、NM不動産のTJさんと偶然に帰りが同じになったので、色々と入居
 状況をお伺いしました。
 現在、入居者のクレームが殺到しており、MD建設が現場責任者を3人に増やして
 対応しているそうです。
 TJさんのお話では、内覧会で気づかなかったことを入居後に指摘さているそうです。
 私を始め、チーム村上のメンバーからは一切のクレームがないので、やはり内覧会
 検査をキチンとやってもらった方が良いと話しておられました。

  そこで、アフターサービスの際には、管理組合で不具合情報を集計し、住人に
 フィードバックすることで要望をとりまとめるようにしますとお伝えしたところ、「お手柔らか
 にお願いします」と言われました。

  なので、「管理組合でまとめた方が、作業もまとめられるので後からバラバラに
 色々と住人から要望されるよりは、施工会社さんも売り主さんもやりやすいと思い
 ますよ。」と言いましたら、「まったくその通りです」と言っておられました。
 これからもまだまだ、続きがありそうです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


            NHK出版 生活人新書   

■□■  「良質なマンションを手に入れる」 村上 健 著  ■□■

         どうぞ、ご参考になさってください。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  一級建築士 ・ マンション管理士
  村上 健
  HP      http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/
  メルマガ   http://www.melma.com/backnumber_63026/
  ブログ    http://kensanno-mansion-advice.at.webry.info/

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

GY
2008年10月25日 00:43
先日は、内覧会検査に同行して頂きましてありがとうございました。
かなりの長編大作のレポートにして頂いて、ありがとうございます。
大人数での内覧会でしたので、村上さんにはご迷惑をおかけしたのではないかと心配しておりました。
また、売り主さんと施工会社さんも笑顔で対応してくださり、とても友好的な雰囲気で内覧会検査ができたことは、とても良かったと思っております。

これも、チーム村上によって、個人対企業ではなく、チーム対企業となって、交渉力が大幅に向上したことの賜であると思います。
改めまして、村上さんの色々なご指導に感謝申し上げます。

なお、私が理事になりましたので、内覧会検査でのことは、チーム村上のメンバー以外の住人の方に利用してもらえるように、今後のアフターサービスに生かしていこうと思います。

これから、再内覧会が始まりますが、これからも買い主として毅然とした態度で売り主と交渉していくつもりです。
また、後日、経過をご報告したいと思います。

この記事へのトラックバック