内覧会検査  港区の「CTS」マンション 1番手  

内覧会検査  港区の「CTS」マンション 1番手  

2008年 

■ NKさんからメール

9月8日 2:49

□ はじめまして、NKと申します。
 サイトを拝見し、是非内覧会同行を希望したく、メールいたしました。

□ 先日、品川区の「CTS」マンションに父母と2世帯で当選し、内覧会検査を
 行うことになりました。
 日程は以下のとおりなのですが、ご都合が良いようでしたら、ご助力いただ
 けるでしょうか。
 9/11 9:00~11:00               両親宅
 9/19 11:00~13:00、または15:00~17:00 当方宅

□ この物件は完成後販売となり内覧会は2時間で、内覧会後に購入申込と
 なります。
 内覧会は品川現地、申込みは田町の販売センターとなります。
 図面等の準備も、販売センターの方になるようです。

□ 以上、お忙しいところ恐縮ですが、ご返信よろしくお願いいたします。

9月8日 13:35

□ お早いご返信ありがとうございます。NKです。
 若輩の私がこう言っては失礼かもしれませんがブログの印象どおり、大変
 真面目な方なようで安心いたしました。
 ブログ・書籍を拝見し村上様の情熱理解しているつもりです。
 レポート公開も、問題ありません。

□ ただ、日程が合わないということで、9/11の父の物件を内覧していただく
 のは諦めて、私と家族で素人ながらこれまでの知識とチェック項目を総動員
 して自力で内覧したいと思います。

□ 当方宅の方は可能な限り日程をずらしたいと思うのですが、下記期間中、
 空いている日程はございませんでしょうか。
 9/9~9/18 各日11:00以降(2時間単位で開始されるようです)
 800世帯以上の世帯が申込みを行っているため、希望の日時が空いていない
 かもしれませんので、もし可能なようでしたら複数ご回答いただけると助かります。

□ 尚、本日午前中に内覧時間が2時間しかないことで、「2時間ではとても
 全部チェックできる時間とは思えない。形だけの内覧会で後日問題が出た場合
 対応してもらえるのか」と担当者とかけあい、予定時刻より前倒しでなら+2時間
 (計4時間)の内覧可能との返事をもらっております。

□ 最後にお詫びです。
 本物件当選の正式な電話連絡が昨夜22:00過ぎでした。
 内覧・申込み期間は9/8-9/19というスケジュールのため慌ててしまい、この
 ような急なお問合せをいたしまして申し訳ありません。
 お忙しいところ、無理なお願いをしてしまっているようで恐縮ですが、ご予定
 都合の良い時間がありましたら、何卒宜しくお願いいたします。


9月10日

□ このマンションを選んだ理由
 抜群のコストパフォーマンスと、都内への通勤の楽さです。

□ この階を選んだ理由
 ・ 万一エレベータが止まっても、歩いて上れる高さ。
 ・ 地震のときに揺れの支点(ほとんど揺れずに負荷がかかる場所)になる
   のは、横梁が太い26階付近と思われるため。それより下階で、それほど
   揺れ過ぎない中層の階が良かった。
 ・ また、中層階の倍率は低いと思われたため。

□ 心配な点
 ・ 価格の安さが見えない部分に影響してないか?

□ 売主の対応について
 スケジュールがタイトすぎるのが不満ですが、苦情を言っても態度を変えずに、
 内覧日程変更などに譲歩や積極性を示してもらえたので、今のところ、評価は
 悪くはないです。

 日曜22時過ぎに電話連絡はちょっと非常識だと思いました。
 しかも、最初の電話の人は、新人OJT研修かと思える対応で矢次ばやに日程
 決定。その後思い直して電話を折り返すと「営業は終了しております」のメッセージ。
 この日程では、翌日から内覧・ローン・購入申込み可能といっても、すぐに対応
 できる人は少ないのでは。
 実際、9/9にローンの仮申込みに行ったところ、会場はガラガラでした。

□ プロの目での、内覧会でのチェックポイントを教授いただければ幸いです。 
 また、今までの経験を生かしたお仕事ぶりを拝見するのを楽しみにしております。


9月14日

■ 私から

□ 「内覧会(購入者)検査に関する事前回答事項」への売主回答内容を確認
  いたしました。

□ 驚きました!
 全ての要求事項に対応するとの回答。
 こんなことはめったにありません。
 それも、時間の無い中、たった1回目の要求で・・・

□ 正直言いまして、通常の半分も応じてこないのではないかと危惧しておりました。
 完成売りであること、超人気物件であること、期間が異常に短いこと、そしてあの
 売主のこれまでの対応、これらの”悪条件”からの予想が完全に裏切られました。
 嬉しい誤算です。

□ これでまともな購入者検査が出来るための条件が整ったわけですから、あとは、
 内覧会検査当日(もう、明日ですね) しっかり検査して、指摘事項を徹底的に
 手直しさせるだけです。

□ 明日の内覧会検査、よろしくお願いいたします。

9月15日

■ 内覧会検査当日です。

10:30

□ 最寄駅時計塔下で、NKさんご夫妻と待ち合わせ
 ご主人、リュックを背負って山登りのようなスタイル。
 
□ カフェで直前打ち合わせ

□ 「中途半端な開始時間ですので、昼休みとる時間はないでしょう。腹ごしらえ
   しておきましょう」

□ 手順と役割分担の確認

□ 「それにしても普通じゃないですね。契約もしておらず、申し込みもしておらず、
   抽選に当選したというだけで、内覧会というのは・・・」

  「そうなんですよ」

  「契約することを前提に、内覧会検査を行い、そこで指摘した不具合の手直しを
   約束すると言うことなんですね」

  「そうなんですよ」

11:00

■ :受付

□ エントランスホールの入口の大きな掲示が客を出迎えます。
  「ご当選おめでとうございます」と大書され、赤い星の枠で囲まれています。
  正にこれが、このマンションの特異なところ。

□ エントランスロビーは静まり返っていて、華やかさが全くありません。
 内覧レディーもいない、アテンダントもいない。内覧に立ち会う技術者が静かに
 座っているだけ。
 生花なども無く、BGMも流れていない。
 ”これでいいのだ!”

■ :売主報告

□ 売主 ST不動産の都市開発事業部 工事管理部主任技師SMさん
       横にTN工務店課長代理Hさん

■ 売主検査結果報告 
 検査記録が提出され説明があった。
   
 「建築関係の検査は、去年12月18日に当社工事管理部YHが10項目の指摘を
  行い、今年3月18日に同人が手直し完了確認を行いました。その際1項目の追加
  がありました。設備関係は2月22日に工事管理部HKが1項目の指摘を行いました。
  指摘内容は記載の通りです。7月1日に全ての完了確認をしております。未済は
  ありません」
 
 「完璧なんですね?」

 「はい」

□ 検査済証の写しが提出された。

□ 「完成売りですから設計変更はありません」 

□ 買主検査記録用紙の確認  記録の仕方の原則確認。

□ 検査準備状況の確認 
  「ご要望の状況に全て整っております」

□ 「それではお部屋へどうぞ」

11:45 
 
■ 入室 :

□ 立会者 売主ST不動産 工事管理部主任技師SMさん
        施工 TN工務店 課長代理 Hさん
      
□ NKさんは、施工者とメーカーから防犯センサーその他、設備説明を受ける。
  
■ 検査開始

□ 最初にサッシュの気密状態のチェック。
 ビューバスの引き違いサッシュに気密不良が見つかる。

□ 共用廊下
 タワーマンションの吹抜(ボイド)にしては小さな空間だが、意外と明るい。
 吹き抜けに面した外装が白っぽい金属パネルが多用されているからだろうか。
 毎度おなじみ、床シートの浮き。
 特別避難階段への扉に施錠されているのが気になる。
 エアコン配管用スリーブが廊下側に最も突出した壁の下部に設置されているのが
 気になる。
 Nkさんが早々と水撒きした結果が・・・ 大きな水溜りが出来ていた。

□ バルコニー
 外装仕上は完璧。
 エアコン用ドレンレールが必要なのに設置されていない。  

13:15

□ 立会いのお二人に、昼休みをとっていただく。
 買主側は検査続行。

□ 室内チェック
 内装の完成度は高い。
 フローリング完璧、各室出入口扉開閉良好、アンダーカット良好、巾木と床との
 納まり良好。
 中洋室の換気に問題あり。
 浴室バスタブ排水に問題あり。

14:20 

■ 売主に指摘事項の伝達と記録

□ 立会者 売主 ST不動産 工事管理部主任技師SMさん
        施工者 TN工務店 課長代理 Hさん

□ NKさんの指摘記録と伝達は既に終わっていた。私のチェック結果をご説明する。

  「では、共用廊下から」

  「共用部分は対象外です」

  「共用部分も購入対象です」


□ 「玄関付近の特別避難階段への途中の扉に施錠されていますが、何のためですか?」

  「消防指導です」

  「避難扉に施錠するのは危険でしょう」

  「そのためにプラスチックカバーを外して回転させれば、開錠できるようになっています」

  「避難時はパニック状態ですよ。そんなことに気づかないで、扉をただ押すだけですよ」

  「いくら言われても共用部分ですから直せませんよ」

  「直す直さないではなく、その前になぜ施錠が必要なのかを聞いているのです。安全に
   関することなのですから、居住者全員の関心事だと思います。何のために施錠が必要
   なのかを知った上で、全員で判断すべきことです。趣旨を文書で報告してください」

  「了解しました」
  
□ 「共用廊下側洋室エアコン用のスリーブが廊下側の腰窓下に設置されていますが、
   この位置だと冷媒配管やドレン配管が突出して邪魔だしみっともないですね」

  「こういう設計なのです」

  「ちょっと工夫して室外機置場の側壁に設ければ、外部も室内も配管が短くて済み、
   かつ見た目にも良かった筈」

  「理由があってこうしたと思うので、根拠を調べてご報告いたします」

□ 「共用廊下床シートがあちこち浮いています。接着不良です。ポーチ床も同様です」
  NKさんにも、打診棒で叩いて確認していただく。ポコポコいう軽い打診音。
  「あら、これタイルじゃないのですか?まー、よく出来てるわねー、すっかりだまされた」
  タイルもどきの長尺シートだったのです。

□ 「バルコニーの中央部がエアコン室外機置場になっていますが、結露水用ドレンレール
   が設置されていません」

  「こういう仕様なのですよ。コストです」

  「えっ? コストって。レールが無いと水溜りになって滑りやすいし汚らしいし・・・」

  「そりゃ必要なのはわかってますよ。設けている物件もあります。当物件はグレードが
   違うのです」

□ 「ビューバスの引き違い窓アルミサッシュ下部が気密不良で外気が入ってきます」
  施工者が調べているが原因がわからないらしい。
  「このサッシュの性能はT3ですね。そのため3点締りになっています。クレセントを回転
   させると上下に気密ゴムが押し付けられる仕組みですが、ロッドの下端の気密ゴム
   が届かず隙間が開いているのが原因なのです」

  「調整いたします」

□ 「バスタブに張った湯を排水しますのでよく見ていてください」
  排水状況をみんなで観察する。
  「このようにゴボゴボと大きな音がしてきました」

  「横引き配管距離が長いのでゴボゴボ音は仕方ありません。排水していない時に
   ゴボゴボいうのだったら問題ですが」と売主。

  「そういうとんでもない状況と比べて、だからこの程度は問題ないというような論法は
   やめてください。排水の状態が異常ではないかといっているのです。結果的に異常
   音を発しているのであって、例えば通気不全による排水障害なのかもしれないの
   です」

   「そうですよ、この状態は音が煩くて他住戸に迷惑をかけやしないかという心配、
    ただそれだけじゃなくて、根本的な問題を心配しているのです。さっきから私、
    何度も湯を張りなおして観察していましたが、トラップの中の封水も上がったり、
    見ててください、もうじき封水がなくなりますよ・・・・・ほらっ、今です」と奥様。

  「・・・・・・・・・わかりました。調査いたします」

□ 「浴室天井点検口から天井内部を見てください。洗面室部分だけ二重壁と界壁
   との間にグラスウールが貼られていますが、浴室部分や洗濯機置場部分の壁内
   には貼られていません。どうしてなのでしょうか?」

  「当社の仕様なんですよ」

  「どうしてそういう仕様なんですか?」

  「洗面化粧台の扉の開閉音が界壁乾式耐火間仕切壁に伝わりやすいので、
   そういう仕様にしているのです」

  「でしたら、浴室だって入浴中様々な音を発するし、洗濯機の振動のほうがよっぽど
   心配だなあ」と、ご主人。

  「部位によって仕様を変えた理由は後日ご報告いたします」

□ 「キッチン 水栓蛇口がシンクから外れているので、水が床に流れ落ちる恐れが
   あります」

  「こういう製品なのです。回転角度は150度になっていて、調整できません」

  「そういう製品を採用したことに問題があるのでは?」

  「・・・・・・・・・・」

  「シンクから外れないように水栓本体を回転させて調整してください。それなら可能でしょう」

  「検討します」

□ 「キッチンのディスポーザは自動給水ではなく、手動給水なのですね。蓋スイッチを
   すると、水を流さなくてもすぐに作動してしまいます。警報音が出るわけでもなく、制御
   が働いて作動しないとかいうこともなく。詰まりや故障の原因になるのでは?」

  「あら、ディスポーザって水を流しながら使うのですか?私使ったことないから知らなかった
   のですけど」

  「取扱説明書にちゃんと書いてありますので、水を流しながら使ってくださいと」

  「でも、大抵の人があまり読まないんじゃないですか?そういう問題が起こりやすいのなら
   もっと全員に周知徹底すべきなのでは?実際に説明するとか」

  「仰るとおりですね。周知徹底します」

□ 「中洋室に給気口がありませんが」

   「中洋室はリビングとの間の引戸で仕切られていますので、2室1室の解釈で
    リビングの外壁にある給気口でまかなっています」

   「2室1室の解釈は、窓開口からの自然換気の規定ですね。問題にしているのは、
    中洋室の24時間換気用の給気口が無い、ひつようだということなのです」

   「私もその通りだと思いますよ。私のような素人だってわかりますよ。中洋室の空気は
    ほとんど入れ替わらないと思いますよ。湿気やすくもなるでしょう。検討してください」

   「検討いたします」

15:35

■ 騒音実感確認

□ 売主に隣戸及び上階にて、生活騒音相当音を出してもらう。

□ 隣戸からのラジカセ音の影響は、殆ど問題ないとNKさん、判断された。

□ 界壁の乾式耐火遮音間仕切壁への衝撃による振動が掌に感じることを実感。
  「界壁のボード壁にぶつけたりしないよう、建具の開閉にも注意が必要なのね」

16:10
  
■ :指摘事項のまとめ

□ 検査記録の読み上げ確認。
  
□ 「手直し完了確認日は10月10日です」

  「一回で完了確認が済むように、売主さんとして事前に完了確認してくださいね。
   検討いたしますという項目がいくつかありましたが、その検討結果を9月24日までに
   報告してください。そして今日立ち会っていただいた方が次回も立会いをお願いします。
   そのことをこの検査記録に書いてください」

□ 双方が署名捺印してコピーを受領した。

□ 「毎日、昼食とる時間もあまりありませんでしょう」と、NKさんご夫妻、”10秒チャージ”
  のゼリー食をSMさん、Hさんにどっさりプレゼント。


■ 終わって、カフェで反省会

□ 「おつかれさまでした」

   「実はもっと出来が悪いかと思ってたんですよ。低価格のしわ寄せが出ているん
    じゃないかと・・・ でもそんなことありませんでした」

   「私は、ハード面は多分大丈夫だろうと思っていました。施工者が施工者ですから。
    ただ、ソフト面、売主のよい対応は期待出来ないんじゃないかと・・・勝手に見ろと
    いう対応ではないかと・・・、でもその予測が、事前確認事項への回答を見た瞬間、
    完全に外れました(笑)」

   「満額回答だったのですからねえ。ブログ読んでいても、皆さん苦労なさってますよね。
    それが私達一回の交渉もせずに、全てに応じてもらえた・・・」

   「売主からの報告と検査立会は事前に約束してくれていましたが、誰が、とまでは
    わかりませんでした。それが工事管理部の主任技師が対応してくれました。そして
    施工者も実際この現場を担当された課長代理が終始立ち会ってくださったのです
    から。ありがたかったです」

□ 「ほんとに運のいいい方。これほどの高倍率に当たった、それも親子で隣どうし当たる
   なんて・・・運だけとはとても・・・ 何か特殊な手を使ったとか」

  「みんなから聞かれるんですよ」

  「ST不動産の関係者とか」

  「いえいえ、ぜんぜん関係ありません。それにSTの関係者だって当たらなかった
   そうですよ。当然同じ扱いですよ」

  「監督官庁とか(笑)」

  「ぜんぜんっ、民間です」

□ 「くじ引きそのものは強運だったとしても、それだけじゃないですよね。そもそも
    この物件に着目したのは?」

  「妻が1年以上前からマンションの情報収集していたんですよ。土地売却の官庁
   情報とかもチェックしていて、あるとき、なにこれっ?ってのがあったんです。
   プロジェクト名を記録しておいて、その後ずっと役所情報などを追跡したり、
   マンション相場を調べたりしてきたのです」

  「そういう日ごろの努力の賜物だったんですねー」

□ 「超人気物件でしたので、かなりの高倍率になることはわかっていました。ですから
   競争率の少ないであろうところを狙いました。条件の悪いところ、方位もよくなく、
   下層階で・・・その読みが当たったんですね。それでも通常のマンションの倍率の
   数倍ではありましたが・・・」

  「正に心理作戦ですね」

  「高倍率だろうと思ったところが低かったり、逆に人気なさそうと思ったところが高倍率
   だったりして・・・難しいですね」

  そういえば以前、年老いた両親と隣どうしで住みたいと申し込んで、片方しか
  当選しなかったので、断念された方がいらしたのを思い出した。  

□ 「当選の連絡は日曜日夜10時過ぎにありました。ちょうど熱帯魚の水槽の
   掃除をしていた最中で、濡れたままの手で電話を取りました。まさかそんな
   時間にくるとは・・・うちは宵っ張りだからいいようなものの、高齢のお宅では
   もう寝てますよねえ」

  「電話の相手は早口に今後のスケジュール日時を読み上げる。こっちは必死で
   メモする。電話の向こう側では、わさわさした感じが伝わってきました。大勢で
   電話しまくってたんでしょうね。復唱する暇も無く電話切られてしまったので、
   確認のためにかけなおしたんですよ。そしたら”本日の営業は終了しております”・・・
   くっそー、だったらこんな時間に電話すんなっ」 

   「で、文書での通知は?」

   「合格通知がはがきで来ただけ、スケジュール連絡はその電話だけです」

   「えっ、そんなじゃ間違いが起こるんじゃ?」

   「いろんなトラブルが起こってると思いますよ」

□ 「他の御依頼主からのメールで驚きました。申し込み・ローン説明会・内覧会・
    重要事項説明会、これらの全てを同日にやっちゃうと言うんですよ」

  「そうなんです。私達にもそのようなことを言われました。2時間刻みで。場所が違う
   ので移動時間込みでですよ。とんでもないと一蹴しました。内覧会は内覧会、
   丸一日かけてやると」
  
□ 「今回、売主の営業担当者がとても良い対応をしてくれたんですよ。決して愛想
    いいわけじゃないですよ。逆に営業トークなど一切ないし、一般受けしないで
    しょうね。でも常に正しい回答をくれました。私達は満足しています。KJさんの
    実名を売主会社幹部に伝えたいくらいです」

□ 「主人はメーカーの品質管理担当なんですよ」

   「社内の人間にも当然厳しく対応しています。そりゃもちろん、反発はありますよ」

   「良いものをつくるには、自分に厳しくなければならない・・・ISOも含めて品質管理
    部署は当然社長直属ですよね。そうでなければ徹底できない」

   「”俺の言葉は客の言葉、俺の言葉は社長の言葉”と言っています(笑)」

□ 「NKさん建築の専門家かと思いましたよ」

  「えっ? どうして・・・」

   「戴いたメールで地震時の不動点が危ないので、その階付近は避けたと・・・
    構造の専門家かと」

  「ああ、あれはですね、販売センターに行って設計図見せろと、全部見てきたん
   ですよ。構造設計図も」

  「うーん、ずいぶん熱心に研究してたんですね」

□ 「多くの人たちが”知ったときは手遅れだった”とか、”もう遅いと思うけど”とかいう
   書き込みがありました。売主側も殆ど宣伝もせずに、たくさん申し込んでこない
   ようにと考えていたように思います。極力人件費を抑えるためでしょう。だから
   超短期間に一気に済ませてしまおうとしたんでしょう」

   「それにしても、5ヶ月も前に完成していて今まで十分に時間があったのに、こんな
    無理なスケジュールにしたのは・・・」

   「同じエリアの大型物件の売れ行きとの関係で調整したんじゃないか、というもっぱ
    のうわさです」

□ 「幸運だっただけではなく、売主・施工者に今日のような対応をしてもらえたという
    ことも、幸いでした」

  「全く逆に思っていましたからねえ。人気物件で売主は強気だろうし、お役所的な
   一方的対応をされるかと思いました。それが超短期間で、たった一回の要求に
   対して満額回答されたのですから・・・ 嬉しい誤算です」

□ 「販売パンフレットには驚きましたね。たった一冊、厚さ5ミリ」

  「それも、ぺらぺらの色気のない表紙に”登録に当たっての注意事項”なんて書いて
   あって、正に役所の文書。裏表紙かと思いましたよ」

  「表紙をめくると、いきなり”本プロジェクトのコンセプト⇒{家族で住む都心}を創出
   しました。とある・・・」

  「イメージ写真ゼロ(笑) 、写真は全景写真と室内写真数カットだけ、それ以外の
   ページはびっしりと事務的文章で埋められている。申し込み用の封筒が入って
   いたりして・・・ 全く無駄なし」

  「なにやらとても懐かしい感じがしましたが、思い出しました。公団や公社の募集
   案内・・・ 」

  「そうだ、”これでいいのだ” マドンナなんか要らない。それよりドレンレールを!(笑)」

  「今回は定期借地権マンションを低価格で一般ファミリー所帯に提供しようという
   都主導のプロジェクトだったわけですが、こういう展開を業界としてどんどん進めて
   いってもらいたいですね」


16:45

■ 検査終了

■ 検査所要時間   5.5 時間

■ 指摘事項      17 項目

■ 大きな指摘事項 (傷・汚れ以外)

□ 共用廊下・ポーチ 床 長尺シート 浮き

□ 共用廊下 床 水溜り

□ 共用廊下 洋室外壁エアコンスリーブ位置 不適切

□ ポーチ 玄関扉脇 壁下部 仕上不良

□ バルコニー 床 エアコンドレンレール無し 設置必要

□ 廊下 物入 扉 閉鎖音が煩い

□ トイレ 吊戸棚 扉 閉鎖音が煩い

□ 浴室 引き違い窓アルミサッシュ 召し合わせ下部 気密不良

□ 浴室 バスタブ 排水不良 封水切れ ゴボゴボ音を発する

□ 洗面室 洗濯機防水パン 周囲の隙間を塞ぐ

□ リビング アルミサッシュ クレセント 軋み

□ キッチン 水栓蛇口 シンクから外れる 水栓本体を回転させてシンク内に納める

□ キッチン 引戸 引き込み側壁に 巾木必要

□ 洋室(2) 24時間換気用 給気口無し 必要

□ 洋室(2) 引戸 引き込み側壁に 巾木必要
   

■ 問題点

□ 特別避難階段へ通ずる扉に施錠しているが、その目的が理解できない
   (売主からその趣旨を報告する)

□ 浴槽の排水不良 封水が切れる ゴボゴボ音を発する

□ 浴室 窓 アルミサッシュ 気密不良 (施工管理ミス)

□ 洋室(2)(中洋室) 24時間換気用 給気口が無い (設計ミス) 

□ 洋室(3) エアコン配管用スリーブの設置位置不適切 (設計配慮不足)

□ キッチン ディスポーザ 給水せずとも作動してしまうことの問題
   (売主の見解書を提出する) (給水しながら使用することの周知徹底が必要)

□ キッチン 水栓蛇口がシンクからはみ出す (器具選定配慮不足)


■ 良かった点

□ 売主がその完成検査記録を提出して報告したこと

□ 内装の完成度は高かったこと

□ 売主建築担当者が終始立ち会ったこと

□ 施工者が終始立ち会ったこと

□ 売主が騒音実感確認に立ち会ったこと

□ アルミサッシュに指挟み防止ストッパーが設置 (安全配慮)

□ 各室出入口扉にアームストッパー若しくは煽れ止め設置 (安全配慮)

□ 引戸 彫り込み引手に引き残しあり (安全配慮)


■ その夜中、NKさんからメールが届きました。      おつかれさまです。

 内覧会検査では本当にお世話になりました。
 とんとん拍子でいったのも、村上さんのご助力あってのことと思っております。

 今回は、村上さんにご同行いただき、大変勉強になり助かりました。
 本当にありがとうございます。

 確認会の様子は、また別途ご連絡させていただきます。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


            NHK出版 生活人新書   

■□■  「良質なマンションを手に入れる」 村上 健 著  ■□■

         どうぞ、ご参考になさってください。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  一級建築士 ・ マンション管理士
  村上 健
  HP      http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/
  メルマガ   http://www.melma.com/backnumber_63026/
  ブログ    http://kensanno-mansion-advice.at.webry.info/

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

cts
2008年09月17日 06:31
参考になりました。
ありがとうございます。

あとCTSは品川区ではなく、港区だと思うのですが…
匿名
2008年09月30日 13:53
すでに、内覧会はすんでいるのですが、指摘事項確認が来週あります。
その際に再度他の部分をチェックといのは常識的にできないでしょうか?
このブログをみて、自分がまったくもってチェックというチェックしていなかったことに気づいてしまい。どうしたらいいのか不安で一杯なのですが。。

この記事へのトラックバック