最近のメールから

■ たった今、GCのあの部長サンより、手直しは完了しましたと直接電話が
 ありました。
 指摘事項 6番及び7番(渡り廊下の水溜まり及び手摺の風による振動音)
 以外は全て。
 6番・7番は2階から20階まで、全て改善を行う計画で、完了迄もうしばらく
 かかるそうです。

  実はあれからGCの社長宛にあの酷かった内覧会について抗議の手紙
 (配達記録)、業務企画部及び営業部へクレームの電話を入れました。
 特に入居説明会の時、業務課のNOさんには、村上さんのこと(村上さん
 がどういうお気持で内覧会立会をされているか、GCに対しても、よりすば
 らしいマンションを造ってもらいたいという思い 等)を私なりに話しました。
 N0さんは、村上さんのこの活動に感動して涙をこらえている様子でした。

  実はまた子供が風邪をひきまして、私一人になる可能性が高いのですが、
 明日、確認会に行ってきます。 特にバルコニーの隔て板の隙間は絶対に
 妥協しません。
 どうか応援していて下さい。


□ > 実はあれからGCの社長宛にあの酷かった内覧会について抗議の
   > 手紙(配達記録)、業務企画部及び営業部へクレームの電話を入
   > れました。

  ⇒ これはよいことですね。
   本人が社内で報告するはずもなく、都合の悪いことはうやむやにされ
   てしまいます。やはり被害を受けた側が相手のトップに伝えるしかな
   いんですね。

   > NOさんは、村上さんのこの活動に感動して涙をこらえている様子
   > でした。

  ⇒ やはり、若い人はいいですねえ。
   老害が一番悪い。私も気をつけなくっちゃ・・・

   > 特にバルコニーの隔て板の隙間は絶対に妥協しません。

  ⇒ 過去に検査したGCマンションの隔てパネル隙間の状況は下記の
   とおりです。
  × 隙間あり (マンション名省略)  6件 (10㎜~30㎜)
           (当然、買主の方々は塞ぐことを要求しました)
  ○ 隙間なし (マンション名省略)  6件

  「15000戸も供給してきましたが、そんなクレーム1件もありませんっ」
 と、宣わった部長サンは、このことをご存じなかったのでしょうか。        


■ 本日、子供の調子も良くなり、家族全員で確認会に行ってきました。

  結果はこちらの要望通り、手直し完了されていました。
 6番7番(渡り廊下の水溜まり及び手摺の振動音)は、2階から20階まで
 全て手直し工事をするため6月中旬完成予定だそうです。

  懸案だった12番のバルコニーの隔て板の隙間はL字型のアルミ材でで覆い、
 見た目も美しく出来上がっておりました。

  引戸裏の巾木の取付けや洋室扉の煽れ止め取付けも完了していました。

  あと、19番の下足入扉の開閉音の調整に関しましては、社長宛の抗議
 の手紙の中でも、あの部長サンがむきになってとても乱暴に開閉したこと、
 それにより私はこのマンションに住んでいる間、毎日あの扉を見て、 その時
 の光景を思い出してしまうことを記しておいたのですが、なんと調整ではなく
 新しい扉と交換してくれておりました。
  隣の部屋に取り外された扉が置いてありました。

  その他、内覧会にて指摘した事項も全て完了しており、私はかなり満足して
 いたのですが、なんと床に大きな傷があり(家内が発見)、また洗面台の引き
 出しにも大きな錆の様な汚れ(3歳の娘が発見)があり、2人から私は内覧会
 で何をしていたんだと責められました。
 床の傷はすぐにその場で直して頂きましたが、洗面台の引き出しは取り替え
 になる可能性が高いそうで、6月3日再確認会となってしまいました。

  家内はともかく、3歳の娘にまで怒られるとは、やはり私はかなり役立たず
 でして、もし村上さんにお願い出来なかったらと思うとゾッとしております。
 生まれて初めてマンションを購入致しましたが、お陰で、 とても良いマンション
 を購入することが出来ました。

  本当にありがとうございました。


□ ご家族揃って再検査できたというのはよかったですね。
 一生の思い出に残りますでしょう。

  隔てパネルの隙間塞ぎを、アルミの同材で手直ししたというのは立派で
 すね。通常はスポンジ状のゴムなどで塞ぐだけなのですが。
 
  下足入れの扉が取り替えられていたというのにはびっくり。
 別に傷ついていたわけじゃないのだから、そんな大げさなことをしなくても
 よかったのに。
 閉鎖音だけ静かにしてくれればよかったのに。
 やはり部長サンがあんな酷いことしてしまったので、買主の気持を考えて・・・
 ということだったのでしょうね。

  やはり社長宛の手紙が効いたのですね。
 そんな大げさなことをしなくても済むようにしてもらいたいですね。
 あの部長サンも恥ずかしい思いをし、大いに反省したことでしょう。
 今回のようなことで、マンション業者の体質が少しずつでも変わっていくんだ
 と思います。
 一人一人の購入者がその都度がんばることで、後に続く人たちが少しずつ
 楽になるということですね。
 
  > 家内はともかく、3歳の娘にまで怒られるとは、やはり私はかなり役立たず
  > でして、

  ⇒ 娘って厳しいんですよね・・・
   再内覧会検査で新しい傷とか汚れとかが見つかることは、よくあります。
   手直し工事に入った作業員が新たにつけてしまったものなのです。
   最初からあったわけではありませんっ!
   お父さんと私の名誉のために。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  一級建築士 ・ マンション管理士
  村上 健
  HP   http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/
  メルマガ http://www.melma.com/backnumber_63026/
  ブログ  http://kensanno-mansion-advice.at.webry.info/

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック