健さんのマンションアドバイス

アクセスカウンタ

zoom RSS ■□ 「子供の墜落事故防止川柳」 □■ 

<<   作成日時 : 2017/04/21 10:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■ マンションでの子供の事故が後を絶ちません。
特に、墜落・転落事故は死亡や大怪我に繋がります。
 子供を守るために、大人が徹底的に予防する必要があります。

□ 事故の原因としては、建築的な(ハード面での)欠陥・不具合に因るものと、
 人為的な(ソフト面での)ミスに因るものとあります。
 
□ 建築的な欠陥・不具合は、売主・設計監理者・施工者・建物管理者の責任です。

□ 人為的ミスは、子供の場合、親の注意力・教育により防ぐしかありません。

□ 最近の報道で道路の横断歩道橋からの子供の墜落事故がありました。
 建物内だけでなく、外にも危険は潜んでいます。
 歩道橋の手摺子間隔なんと20p。全くあり得ないことです。
 てっきり誰かが悪戯して手摺子を曲げてしまい、その結果、間隔が広くなってしま
 ったのだろうと推測していましたが、映像を見る限りどうも最初から広かったよう
 です。
 設計者・施工者・監理者は、建設する段階で気付かなかったのでしょうか。
 歩道橋管理者である役所の責任重大です。

■ 事故の発生部位による分類

□ 窓からの墜落

□ バルコニー手摺からの墜落

□ 外部廊下からの墜落

□ 外部階段からの墜落・転落

□ ルーフからの墜落

■ 墜落の行動

□ 手摺乗り越え

□ 手摺子隙間からすり抜け(手摺子というのは縦の棒のこと)

□ 危険個所(ルーフ等)に侵入


■ わかりやすく川柳(もどき)にしてみました。

■ ハード面

□ 手摺子の間隔頭より狭く

□ 頭抜ければ身体は通る

□ 手摺子間隔11センチ以下

□ 手摺最下部横の隙間もすり抜ける

□ 窓内側の落下防止桟にも隙間

□ 手摺柵名前だけで安心するな

□ 手摺高さ法の最低1.1メートル

□ 1メートルは一命取る

□ 手摺下出っ張りから1.1メートル

□ 出っ張りがあると足掛かりに

□ 足掛かり手掛かりあればよじ登れ

□ 65センチ以下は足掛け登る

□ 横桟式手摺足掛け登っちゃう

□ ガラス手摺なら手も足も出ず

□ ガラス手摺割れない安全ガラス

□ 透明ガラスなら登ろうとしない

□ 室外機登り手摺越え真っ逆さま

□ 子供らの習性を知れ設計者


■ 共用部分管理扉(その外側が手摺の無いルーフの場合)

□ 管理員後から子供ついてくる

□ 子供の好奇心すぐ真似をする

□ おじさんが入ったとこが面白そ

□ ルーフ清掃中子供が入ってた

□ 大抵のルーフに手摺無し

□ 外周部の立ち上がり30センチ

□ 膝より低く簡単に墜落し

□ 気付かなきゃ墜落事故の死亡記事

□ 事故起きりゃ管理組合の責任

□ 管理扉開けたらすぐに鍵閉める

□ 分かっちゃいるがうっかり忘れ

□ 管理扉開けたら自動施錠式

□ こうなってないマンション多し

□ 事故起きてから騒いでも遅すぎる


■ ソフト面

□ 親の不注意子供を死なす

□ 目覚めたら母親おらず「おかあさ〜ん」

□ よじ登り下を見ようとする

□ 窓際に絶対置くな椅子ベッド

□ バルコニー椅子テーブルを置いちゃダメ

□ プランターだって足掛かりになっちゃう

□ 足掛かりあったら手摺超えちまう

□ 安全の手掛かり 禁止足掛かり

□ 室外機設置は手摺から遠く

□ バルコニーを物置にするな

□ 物干竿鉄棒代わり逆上がり

□ 手摺から下を見ようとよじ登る

□ 横桟式は足を掛けやすく危険

□ 子供って頭が重く堕ちやすい

□ ガラス手摺登らなくても下見える

□ 墜落怖いリード付けとく

□ 犬同様の扱いと非難され

□ 足枷を付けりゃ虐待逮捕され

□ 手掛かりと足掛かりありゃ超えちまう

□ 泥棒の侵入防止と同じだ

□ 外出時締めてね窓のクレセント

□ サブロック締めればもっといい

□ 室外機置き場に子供出しちゃダメ

□ 子供って親のやること見てますよ

□ 高いとこ慣れ怖さ知らない

□ 高所恐怖症の子供っていないかも

□ 怖い目に一度合わすといいのかな

□ 友達の声聴こえると覗こうとする

□ 窓の外から子供を呼ぶな

□ 呼ばれた子供下を覗くぞ

□ 外階段人目に付きにくい

□ 窓の下びっしりと木を植えましょう

□ 木がクッションになり助かった例もある

■ マンションは売主から引き渡されたと同時に、管理組合の維持管理責任が生じ
 ます。
 今後長年にわたって、建物を自ら維持管理していかなければならないのですから、
 欠陥・不具合の無い確かな建築物を引き渡させねばなりません。

□ そのためには、引渡し以前の内覧会検査に於いて、専有部分のみならず、共用
 部分についても、最低限、安全性のチェックを皆さんで実施なさるべきでしょう。
 検査の結果、欠陥・不具合が見つかったら(大抵、たくさん見つかります)直ちに
 改善・手直しを売主に要求しましょう。
 入居前に安全な状態にしておかねばなりません。

□ 共用部分危ない所皆で診る

□ 内覧会時一人一人がチェックしよ

□ 事故防止対策デべに要求す

  
※ 私事で恐縮ですが、私の句が朝日新聞に掲載されました。

 ・ 2017- 4-12 朝日川柳  (通算61句め)

   五十年後の人口 地球生きとるか (選者コメント→ 8808万人と推計)


 ・ 2017- 4-15  かたえくぼ  (通算7作品め)

   「ことわざ」 

        七転び八起き ーー 真央ちゃん

        七転八倒   ーー 東芝


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         NHK出版 生活人新書   

■□■ 「良質なマンションを手に入れる」 村上 健 著 ■□■

         どうぞ、ご参考になさってください。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 一級建築士 ・ マンション管理士 村上 健
 ブログ    http://kensanno-mansion-advice.at.webry.info/
 メルマガ   http://www.melma.com/backnumber_63026/
 HP      http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/
  
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
■□ 「子供の墜落事故防止川柳」 □■  健さんのマンションアドバイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる