健さんのマンションアドバイス

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ マンション契約用資料調査結果 「MCB」マンション ■

<<   作成日時 : 2016/07/01 07:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

□ 提供資料

・ 販売パンフレット

・ 図面集

・ 契約候補住戸間取図

・ クォリティガイド
 
□ 立地・周辺環境についてはコメントできません。
 建築物に関する所見のみとさせていただきます。

■■ 概要書 

■ 物件概要

□ 売主 NS建設は地域密着型ディベロッパー(建設業兼業)

□ 施工者 NS建設
 
□ 設計・監理は設計事務所に外注している。
 形式的には、設計施工分離ではあるが、同資本のNS建設からの発注なので、
 設計監理の独立性は期待できない。

□ 敷地 
 南北に長い不整形の敷地である。

□ 竣工予定
 中間期の竣工予定であり、年度末や年末竣工物件とは違い問題は少ない。
 
■ 設備概要

□ 一般的な内容である。

■ 外部仕上

□ 一般的な内容ある。

■ 内部仕上

□ 一般的な内容である。
 天井高は一般的である。

■■ 全体計画

■ 建築計画について

□ 前面道路への接道幅は極めて狭く、細長い敷地の奥に向かって建物が配置されている。

□ 建物は一棟構成で、住戸を南面させるために雁行形状となっている。
 そのため、施工性はあまりよくない。

□ 外壁面積が大きくなるので、施工費用及びメンテナンス費用が割高になる。

□ 屋内階段とエレベーターに二住戸が取付いている、二戸一形式である。

□ 避難動線は極めてシンプルである。

□ 平面形状がジグザグしているので、施工はしにくい。

□ 1階から最上階14階まで同一の住戸構成であることと、セットバックなどもないので
 繰り返し施工による安定した工程が期待できる。

□ 50戸程度の中規模マンションなので、管理組合はまとまりやすいであろう。


■ 構造計画について 

□ 建物躯体構造は、一般的な鉄筋コンクリート造の壁式ラーメン構造である。

□ 建物構造体は、一般的な現場造成杭により支持層に支持されている。

□ 鉄筋・コンクリートの品質・強度・仕様等は、一般的である。

□ 床スラブ工法はアンボンド工法で梁は無い。

□ 上下住戸間は二重床、そして二重天井であるため、防音効果が期待できる。

□ 住戸間界壁の仕様は、コンクリート壁にクロス直貼りである。
 
□ 外壁の仕様は一般的である。


■ 設備仕様について。

□ 概要書記載の設備内容は一般的である。

□ 床暖房、食器洗浄機は標準装備。
 ディスポーザは設置されていない。(敷地の関係で浄化槽設置の余地がないからか)


■ 性能について

□ 住宅性能評価書(設計・建設共)についての記載なし。

□ 窓ガラスは複層ガラスであり、断熱性能に優れている。

□ サッシュ防音性能は一般的である。


■ セキュリティ、プライバシー対策について。

□ セキュリティ関係のシステムと仕様は一般的である。

□ 防犯センサーが玄関扉に設置されているのは一般的である。

□ 玄関インターホンはカメラ付きである。

□ 玄関扉の構造・仕様は一般的である。


■■ 契約候補住戸 ○○○号室 △タイプについて 

■ プラス要素

□ 接地階でもなく最上階でもないので防犯上の安全性は高い。

□ 建物高さの丁度中間の階なので、施工状況も安定しているであろう。 
 2階から順次同じタイプが繰り返し施工されていくので、上階ほど作業が習熟さ
 れ問題点も解消されていく。

□ 二戸一形式であり、各戸の玄関がエレベーター階段に直結している。

□ 玄関前のエレベータホールは隣人が通るのみなので、落ち着きがある。

□ 居室が共用部分に面しておらず、プライバシーはしっかり確保されている。

□ 雁行形式の平面計画のため、隣戸と接する部分が極めて少ないので、隣どうしの
 騒音の影響を受けることも与えることも少ない。

□ 窓開口も多く、日当たり通風とも問題なし。

□ リビングは東南に面し間口が広い。

□ バルコニー面積が非常に広い。

□ 下階も上階も同タイプであり、同じ性格の室が重なっているので、騒音や設備
 のトラブルは少ないであろう。

□ 屋内階段室に面している部分は、居室ではなく水回りなので、階段昇降による
 歩行振動音の影響は少ない。 

□ 水廻りがほぼまとまっていて、PSも直近にあるので、排水管横引き距離も短
 く、トラブルが発生しにくい。

□ 壁式ラーメン構造であるため、柱の突出もなく有効面積上有利であるし、室内
 空間がすっきりし、家具配置上も好都合である。

□ 床スラブはアンボンド工法により梁が無いので、天井はすっきりしている。

□ キッチンは2WAYであり作業しやすい。

□ 浴室に開き窓があり十分な換気が行えるし、解放感もある。

□ 水回りに引戸が多用されている。


■ マイナス要素

□ 洋室(2)がエレベータシャフトに接しており、騒音の影響があるかもしれない。

□ 洋室(2)は西日が当たり、窓に庇もないので、夏季の夜間は暑くなりやすい。


■ 問題点

□ 性能・機能等技術関係の具体的記述が少ない。

□ 床スラブはアンボンド工法で、梁なしの大きなスラブを実現しているが、施工
 技術次第では歩行振動が発生する可能性はある。


■ 確認を要する事項

□ 性能評価書(設計・建設)は取得されるのか。

□ 断熱範囲と仕様・厚さ。
   (外壁内面、界壁・界床への折り返し、床下等) 

□ エレベータシャフトと洋室(2)との間の壁の防音性能。
 (コンクリート壁厚・吸音材仕様) 

□ 給気口の防音仕様。

□ 主寝室〜リビング間の間仕切壁の防音仕様。

□ トイレ・浴室・洗面室〜居室間の間仕切壁の防音仕様。

□ パイプスペースの防音仕様。

□ 床と巾木とは絶縁されているか?(振動音伝播防止)

□ アルミサッシュに指挟み防止ストッパーは設置されているか?(怪我防止)

□ 各室開き扉に煽れ止めが設置されているか。(怪我防止)

□ 給排水設備配管材質 

□ 給水・給湯配管工法 (さや管ヘッダー方式か?先分岐方式か)

□ 各室給気口にフィルタが設置されているか?

□ キッチン給排気方式 

□ キッチン系統排気及び浴室・トイレ系統の排気口の位置と形状・仕様。

□ 排気口と窓や給気口との位置関係。

・・・・・・・・・・

□ 私事で恐縮ですが、私の句が朝日川柳に掲載されました。

・ (6月18日朝刊 通算45句め)

 「推認」と またまた根拠のない調査 (選者コメント→ マムシ氏も参加、炉心溶融めぐる第三者委)

・ (6月22日朝刊 通算46句め)

 残留か離脱か沖縄日本から      (選者コメント→ 冷たい政権と本土)

・ (6月23日朝刊 通算47句め)

 隠蔽であることずっと隠蔽す     (選者コメント→ 炉心溶融で東電)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            NHK出版 生活人新書   

■□■  「良質なマンションを手に入れる」 村上 健 著  ■□■

           どうぞ、ご参考になさってください。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  一級建築士 ・ マンション管理士
  村上 健
  ブログ     http://kensanno-mansion-advice.at.webry.info/
  メルマガ   http://www.melma.com/backnumber_63026/  
  HP      http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
■ マンション契約用資料調査結果 「MCB」マンション ■ 健さんのマンションアドバイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる