健さんのマンションアドバイス

アクセスカウンタ

zoom RSS 内覧会検査  新宿区の「ZPHST」マンション 後篇その2

<<   作成日時 : 2013/07/05 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(この前に後篇その1があります)
2012年(去年)
3月17日  

■ 内覧会検査当日 (今度こそほんと)

9:00

■ Sさんと待ち合わせ

□ 「さて、三度目の正直となりますでしょうか?」

  「さて、本日、営業は来ているでしょうか?」

  「今日は最初になんと切り出しますでしょうか?」

□ 「社長からの釈明文書だというのに内容は全く同じ。驚きました」

  「あの買主にこれ以上何か穿り返されると大変なことになるという危機感から、
   お引取り頂いたほうが無難という結論になったんでしょうね」
  
■ 直前打ち合わせ

□ 検査手順・役割分担最終確認

□ 「さや管工業会に電話したんですよ。引抜き・挿入が出来ないなんていうのは
   聞いたことないと言ってました」

□ 「今日の引渡推進室担当者には、買主検査に終始立ち会わせて、買主の
   大変さを身をもってわからせるべきですね」

□ 「物件さえよければ、と考えていますので、今日検査した結果で総合判断します。
   やめるのはその後からでも出来るのですから」

  「いい判断ですね」

□ 「今日は短時間で指摘も殆ど無くいってくれれば・・・」

   「5週間も余裕があったんですからね」

10:00

■ 入館

□ 前回同様、エントランスホールの片隅のテーブルで。

■ 売主報告

□ 売主 MB地所R 引渡推進室 グループ長 AMさん
   施工者 KJ建設 ZSさん
   
□ 「すみません。この度はご迷惑をおかけしまして・・・私どもの人員不足で」

  「品質管理のHSさんが足を引っ張ることしないでと、別の方をお願いしたの
   ですが・・・ AMさんが責任を持っていただきたい」

  「はい。こちらは本日立ち会いますKJ建設さんです」

  「お名刺を」

  「現場担当ZSです。内装工事担当です。11年目になります」

□ 「営業の方は?今回の話は?」

  「してません。会う機会ないので」

  「電話すりゃいいでしょ」

  「・・・・・・・・・・・・・・・」

■ 売主検査結果報告

  「改めてご報告致します。1月30日に当社品管のHSが8項目の指摘をしました。
   指摘内容は、引戸のズレ、リビング木枠の傷、洗面室床点検口内墨出し文字
   を消す、洗濯機内残水除去、キッチンシンク水垢、リビング床傷等。2月6日に
   手直し完了確認しました」
   
  「完了確認印がないですね。捺印してからコピーを下さい」

  「はい。設備は1月26日に品質管理設備担当のTNが5項目の指摘をしました。
   内容的にはキッチン排水トラップ確認、点検口内清掃・・・・等です。2月6日に
   手直し完了確認済みです」

  「その後の検査は?」

  「やってません」

  「1ヶ月以上経過したが、以降何も検査していない?経時劣化はないのですか」

  「昨日、直前確認しました。念のため前日に異常ないかと」とKJ建設ZSさん。
 
  「それは検査じゃないでしょ。それで売主として完璧なんですか?」

  「はい」

□ 設計変更内容の報告・説明
  「メールでお送りしました文書にある誤記載だけです。専有部分はパンフからの
   変更はありません」

  「パンフだけでなく、販売用閲覧図からの変更は?」

  「さや管ヘッダー方式の変更です」

  「その他は?」

  「文書にもありますように、説明は控えさせていただきます」

  「説明を控えるというのはおかしい。変更あるのであれば説明することを求めます。
   私がいちいち探さなければならないのですか?包み隠さず報告して下さい。
   引渡推進室のOH室長はわかりましたと言いました。説明責任を果たしていない。
   販売用閲覧図からの変更の説明を求めているのです」

  「その話になると堂々巡りになりますので・・・。変更がありうると書いてあります」

  「変更のあることは了解している。どう変更したかを隠す必要があるんですか」

  「会社としてはこれ以上・・・」

  「良い悪いじゃなく、変更したのか否かです。説明しないとは書いてません。
   パンフに書かれていないことを補足する為に販売用閲覧図があるんでしょう」

  「・・・・・・・・・・」

  「一般の人に見せている図面なんだから、その内容が変ったのであれば、買主に
   説明する義務があると認識しています。変った所はスイッチ・コンセント・・・
   後はわからないですよね。KJ建設に聞いたほうが早いのじゃないですか?
   両方の資料を見比べるのを自分でやらなきゃならない。閲覧図と両方を預から
   せてください」

  「それはできません」

  「拒否するんですか?ここに書いてください。変更の有無については説明しません
   という文書を」 

  「週明けにお出しします」

  「この施工図4枚の中に、給排水の図が無いんですけど」

  KJ建設が給排水図面を持って来た。

  「自分で宝探しをしなさいということ?」

  「はい」

  「じゃ、閲覧図を見せて」

□ 検査済証の写しが提出された。
 
□ 「建設住宅性能評価書は、本日写しを提出致します」

□ 設備機能が全て生きていることの確認

□ 検査用具等準備状況の確認

□ 内覧会検査記録用紙の内容確認。記入の原則確認。

11:45 
 
■ 入室 

□ 立会者 売主 MB地所R 引渡推進室 グループ長 AMさん
        施工者 KJ建設 ZSさん
      
□ Sさんは、先ず各室の異常な臭いや刺激がないかを確認して廻る。
 オプション・セレクト内容の確認、設備基本機能確認を行った後、検査開始。 
 
■ 当方検査開始

□ サッシュの気密チェック。

□ 共用部分 エレベーターホール・階段・廊下のチェック。

□ バルコニーのチェック

□ 水周りのチェック

14:30

■ 昼食休み

15:30

■ 再入館

□ 住戸に入る前に共用部分をチェックし、売主に問題点を伝えて改善を求めた。

 ・ 道路からフェンスをよじ登り庭に侵入されてしまう恐れあること。

 ・ 中央管理室の窓が無防備で侵入されやすい。格子はないし防犯ガラスでもない。

 ・ ラウンジ入口が竪格子引戸になっており、開閉する際に竪格子間に手を挟まれて
   大怪我する恐れあること。

15:50

■ 検査再開

□ 各室 内装・建具・設備のチェック

17:00

■ 売主に指摘事項の伝達と記録

□ 立会者 売主 MB地所R 引渡推進室 グループ長 AMさん
        施工者 KJ建設 ZSさん 
        
□ Sさんの指摘 63項目は既に伝達・記録済み。
 私の指摘19項目の内容の伝達・説明・記録。

18:20

■ 騒音実感確認

□ 売主側にて隣戸と上階住戸に入ってもらい、生活騒音相当音を出してもらう。
 買主は自室にてその影響音の程度を実感確認した。
 
19:10

■ 検査記録のまとめ

□ 立会者 売主 MB地所R 引渡推進室 グループ長 AMさん
        施工者 KJ建設 ZSさん   

□ 記録の読み上げ確認 修正・補足等。
 事前に記入の原則を確認しておいたにも拘わらず、案の定、共用部分の指摘を
 別欄に記入してしまっていたので、正規の記入欄に書き写しを要求した。

□ 「ご指摘中の売主検討事項につきましては、3月19日迄に売主より回答致し
   ます。手直し完了確認日につきましては、ご指摘項目が多いので検討した
   うえでご相談させて頂きますので未定と致します」

  「売主としての手直し完了確認結果を私達の手直し完了確認日の3日前迄
   に書面で報告してください。次回手直し完了確認日には売主・施工者とも
   本日と同じ方が立ち会ってください」

  「はい、その旨記入いたしました」

□ 双方で署名捺印してコピーを受領した。

21:00 

■ 退館

□ 「おつかれさまでした」

  「もう遅いので、反省会はメールでやりましょう」
  
21:00

■ 検査終了

■ 検査所要時間   10時間 (当方純検査所要時間 3時間30分)

■ 歩行数              (検査中歩行数 3892歩)

■ 指摘事項      82項目 (当方指摘項目 21項目)

■ 大きな指摘事項 (傷・汚れ・隙間等の軽微な指摘以外)

□ 道路からフェンスを乗り越え庭に侵入される恐れあり

□ エントランスホール 間接照明 ランプの色違い

□ 中央監視室 開き窓から侵入される恐れあり

□ ラウンジ 出入口 引戸 竪格子に手を挟まれる恐れあり 

□ ゴミステーション出入口扉 開閉がきつい

□ ゴミステーション前室 出入口扉 閉扉音が煩い

□ 玄関 出入口 扉 クローザー音が煩い

□ バルコニー 横断している雨水排水溝に蓋が必要

□ バルコニー 床 長尺シート 浮き

□ バルコニー エアコン室外機 ずれ動きやすい

□ バルコニー エアコン ドレンホースから水漏れ

□ バルコニー エアコン ドレンホースが配管から抜けやすい

□ バルコニー 排水溝 隣戸間 ゴミ除け網に大きな隙間あり

□ バルコニー 一部塗装未了

□ 洗面室 照明スイッチ位置不適切 (扉の吊元側になっている)

□ 洗面室 洗面化粧台 高さが高すぎる (880)

□ 浴室 ユニットバス 床が振動する

□ 浴室 ユニットバス ミラー上部がたつき 固定不良

□ 浴室 浴槽 標準湯量設定での水位が低すぎる

□ キッチン 吊戸棚 扉周囲隙間不揃い

□ 洋室 キッチンの食器洗浄機の騒音が伝わる

□ リビング 入口扉 クローザー音が煩い

□ 洋室 クロゼット扉 閉扉音が煩い

□ 洋室 クロゼット扉 吊元がこじれる


■ 問題点

□ 売主の事前対応が非常に悪く不誠実であったこと

□ 閲覧図記載内容を勝手に変更して報告しなかったこと

□ 売主が不誠実な対応について素直に謝罪しなかったこと

□ 内覧会検査を二度もボイコットせざるを得なかったこと

□ 売主が一方的に白紙解約を仄めかしたこと

□ 買主検査に売主の建築・品管担当者が立ち会わなかったこと

□ 買主検査で多数の指摘事項があったこと

□ 買主検査に長時間を要したこと

□ 道路からフェンスを乗り越え庭に侵入されやすいこと (安全配慮不足)

□ ラウンジ 出入口引戸 竪格子に手を挟まれ怪我する恐れあり (安全配慮不足)

□ 中央管理室 開き窓から侵入される恐れあり (安全配慮不足)

□ ゴミステーション出入口扉 開閉しにくい (使用勝手配慮不足)

□ バルコニー 雨水排水溝が横断しているにも拘らず蓋がない
   躓いて怪我する恐れあり (安全配慮不足)

□ 洗面室 照明スイッチ位置不適切 出入口扉の吊元側で非常に使いにくい
   戸先側壁に設置して直ぐに手が届くようにするのが基本 (設計配慮不足)

□ 洗面室 洗面化粧台 高さが高すぎて使いにくい (設計配慮不足)

□ 食器洗浄機騒音が洋室に伝わり煩い
   キッチン〜洋室間の間仕切壁が防音仕様になっていないのではないか?
   (防音配慮不足)

■ 良かった点

□ 売主が終始立ち会ったこと (建築・品管担当者ではないが)

□ 玄関扉 吊元 指挟み防止型になっていること (安全配慮)

□ アルミサッシュ 指挟み防止ストッパ付き (安全配慮)

□ 各室 出入口扉 ドアキャッチャー付き (安全配慮)

□ 引戸 彫り込み引手に引き残しあり (安全配慮)

□ 引戸 ブレーキ付き (騒音防止配慮)

□ キッチン ディスポーザ 自動給水方式であること

□ キッチン レンジフードファン 同時給排気方式であること

□ 水周り床下 漏水センサー設置あること

□ 階段室の照明 人感センサーがうまく調整されていること


その夜

■ Sさんからメール

□ 本日は雨の中、夜遅くまで内覧会検査にお立会い頂き、また、適切なアドバイス
 を頂きまして、ありがとうございました。
 終了時間が遅くなり、反省会もできず、申し訳ありませんでした。
 私達もかなり疲れましたが、村上様も、さぞお疲れの事と思います。

□ 実際の部屋を約一ヶ月遅れで見ることができ、やっと実感が湧いてきました。
 家族で相談した結果、このまま引き渡しに向けて進むこととしました。
 月曜日には、売主から何らかの回答があるはずなので、ご報告します。
 本日は、本当にありがとうございました。

3月18日

■ 私から

□ 長時間にわたる検査でお疲れでお帰りになられましたのに、早速にメールを
頂きまして恐縮です。
 内覧会検査おつかれさまでした。

□ 不誠実な相手との度重なる激しい交渉を経て、遂に迎えた買主検査の日。
 さぞかし感慨深かったことでしょう。

□ 予想していた通り、当然ですがマンションは完成しており、内外装の出来も
 良かったですね。
 ただ、見た目には良いが、そこで生活する人たちのことをあまり考えていないの
 ではないかと感じました。
 セキュリティ上の問題では、外部から庭への侵入、中央管理室への侵入の恐れ
 あること。
 安全上の問題では、バルコニーを横切っている排水溝に躓き怪我する恐れある
 こと、ラウンジの格子戸に手を挟み怪我する恐れあること。
 使い勝手上の問題では、洗面室照明スイッチ位置不適切、洗面化粧台の高さが
 高すぎること、扉の開閉が重く使いにくいこと、。
 騒音関係では、食器洗浄機騒音が洋室に伝わること、扉の閉鎖音が煩いこと。
 生活の基本に関わることばかりですが、売主・設計者・施工者の誰も気づいて
 いなかなかったのでしょうか。
 これらは殆どが技術的に改善可能なものばかりですので、納得いくまで手直し
 を要求なさっていただきたいと思います。

□ このマンションの事業の基本的事項についての質問にも答えられない、建築物
 に関する知識も持たず、ただ何を言われても現状を正当化し、強引に引渡を推進
 するための強い意思と高度なテクニックだけを持っている・・・、引渡推進室という
 のは、そういう部署であることが改めてわかりました。

□ 記録係は事前に記録の原則について確認しておいたにも拘らず、案の定、自分達に
 都合の悪い指摘は、欄外に書いていました。
 売主も施工者も自己都合最優先です。

□ 一家を挙げて我が家の検査が出来たのはよかったですね。
 一生の思い出になりますでしょう。

3月23日

■ Sさんから

□ 先日は雨の中、夜遅くまで内覧会検査にお立会いいただき、ありがとうござい
 ました。

□ 内覧会検査での指摘・検討項目の回答が売主から届きましたのでご報告します。

 ------ 売主からのメール ------

  S様

  大変、お世話になっております。
 さて、ご依頼いただいた件でございますが、以下の通り、ご回答させていただきます。
 ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

 検討項目について

 46 バルコニ−を横断している雨水排水溝について
   ご回答:不特定多数の方が歩行する場所でない為、現状にてお引渡させて
        いただきます。


 48 エアコン室外機がずれ動き易いことについて
   ご回答:滑りづらくするため、ゴム等を敷く方向です。

 49 エアコン室外機ドレーン配管接続について
   ご回答:室外機からの配管の「接続代」を長くして差し込みます。


 51 浴室UB床を踏むと響くことについて
   ご回答:メーカー確認しましたが、FRP製の防水パンである為、音が発生
        しますが、浴室としての通常使用上、問題はございません。との
        ことでした。

 54・81 クローゼット扉の閉鎖音が大きいことについて
   ご回答:蝶番を調整し、涙目位置の調整を行います。

 66 共用部ダストステーション前通路扉について
   ご回答:ドアクローザーを調整させていただきます。

 67 共用部ダストステーション扉について
   ご回答:ドアクローザーを調整させていただきます。

 68 バルコニーレンジフード給気口について
   ご回答:防虫網付となっております。

 70 洗面所カウンター高さについて
   ご回答:高さについては、モデルルームでご確認いただいている
        通りでございますので、現状にてお引渡させていただきます。

 71 洗面所スイッチ位置について
   ご回答:戸先側には、タオルハンガーがあります。
        又、タオルハンガー奥の鏡の収納扉と干渉する為、タオルハンガー
        の位置も変更できないことから、スイッチ位置の変更ができません。

 72 洋室で食洗器の音が良く聞こえる事について
   ご回答:キッチンと洋室につきましては、遮音間仕切壁の構造となって
        おりません。(クォリティブックに記載しております)
        恐れ入りますが、現状にてお引渡をさせていただきます。

 74・82 クローゼット扉の吊元のこじれについて
   ご回答:蝶番を調整します。

 75 玄関扉ドアクローザーについて
   ご回答:調整させていただきます。

 76 ラウンジロビー 自動扉について
   ご回答:申し訳ございません、自動扉ではありませんでした。
        鍵付のストッパーにて常時、開いた状態です。

 77 中央管理室の窓について
   ご回答:防犯サッシとなっています。尚、窓はクレセントキーにてガラスの
        開閉レバーを固定し、開けられないように致します。

 78 パークガーデンフェンスについて
   ご回答:誠に申し訳ございません。現在、検討中で未だ結論がでておりません。
       今しばらくお時間をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 ご指摘事項について
  申し訳ございませんが、34番のバルコニーゴミ取り網の製作に日数がかかり、
  3月31日の土曜日に納品・取付予定です。
 上記以外は、3月25日の日曜日中にクリーニングも含め完了予定でございます。

                                       以 上
  MB地所R 引渡推進室 AM

□ 概ね納得できる事と、やむを得ない事がありますが、次の疑問点を売主に対し
 メールで送付します。

 46 バルコニ−を横断している雨水排水溝について
   ご回答:不特定多数の方が歩行する場所でない為、現状にてお引渡させてい
        ただきます。

  →バルコニ−は避難経路となっており、非常時の際、専用使用者だけでなく、
   他の居住者や来客者等不特定の方が歩行する場所となります。
   (クォリティブックに記載されています)
   その際に通路に凹みがあると認識していないため、つまづいて転倒の危険が
   予見されます。

 72 洋室で食洗器の音が良く聞こえる事について
   ご回答:キッチンと洋室につきましては、遮音間仕切壁の構造となって
        おりません。(クォリティブックに記載されています)

  → クォリティブックを見ると「気になる水廻りは壁の遮音性をアップ」と記載
   されており、キッチンについて水廻りから除外をしているとの記載はなく、
   また、壁の性能を向上させたものであり、通常の壁の遮音性能を否定した
   ものでは無いはずです。更に音の発生源である食洗器は標準装備品で、
   これに対する配慮が欠けています。何らかの対策を希望します。

 77 中央管理室の窓について
   ご回答:防犯サッシとなっています。尚、窓はクレセントキーにてガラスの
        開閉レバーを固定し、開けられないように致します。

  → これは、事実上「はめ殺し窓」ということでよいのでしょうか?
    鍵の管理は適切に行われるのでしょうか?

 48 エアコン室外機がずれ動き易いことについて
   ご回答:滑りづらくするため、ゴム等を敷く方向です。

  →「ゴム等」でバルコニーの長尺シートと溶着し防水機能を低減させることは
    無いですよね?

 49 エアコン室外機ドレーン配管接続について
   ご回答:室外機からの配管の「接続代」を長くして差し込みます。

  →これで大丈夫ですか?排水の逆流や水漏れ等は発生しませんか?

 51 浴室UB床を踏むと響くことについて
   ご回答:メーカー確認しましたが、FRP製の防水パンである為、音が発生
        しますが、浴室としての通常使用上、問題はございません。とのこと
        でした。

  →メーカーからの回答文書を送付願います。また、製品に問題がないとなれば、
   施工上の問題ではありませんか?

 回答いただいた番号と未回答の「78 パークガーデンフェンスについて」及び
  部材未調達の「34バルコニーゴミ取り網」以外は全て再内覧会検査までに是正
  されているという認識でよろしいですね。

3月23日

■ 私から

□ 売主検討結果報告の売主回答内容について、コメント致します。

□ > 46 バルコニ−を横断している雨水排水溝について
  > ご回答:不特定多数の方が歩行する場所でない為、現状にてお引渡させて
   >      いただきます。

 ⇒ 不特定多数の方が歩行する場所でなければ、躓いて転倒する恐れはないと
  仰ってるのでしょうか?
  それとも躓いて怪我しても仕方ないと仰ってるのでしょうか?


□ > 66 共用部ダストステーション前通路扉について
  > ご回答:ドアクローザーを調整させていただきます。

 ⇒ ドアクローザーの調整だけでは、閉鎖時の騒音防止は難しいでしょう。
  A階段室扉のように枠と扉が直接ぶつからないためのクッションが必要と思い
ます。

□ > 67 共用部ダストステーション扉について
  > ご回答:ドアクローザーを調整させていただきます。

 ⇒ ドアクローザーの問題ではなく、あのような開扉が重い扉の場合、通常の
  ドアハンドルでは無理があります。
  本来、もっと大きな竪の棒状引手とすべきだったのです。
  これなら子供や老人でも小さな力で開くことが出来ます。
 
□ > 70 洗面所カウンター高さについて
  > ご回答:高さについては、モデルルームでご確認いただいている通りでござい
  >      ますので、現状にてお引渡させていただきます。

 ⇒ 洗面台の現状高さは88cmもあり、一般的な標準高さ(75cm)より13cmも
  高くなっています。
  多くのマンションで、高さのオプションが用意されており、背の高い方は、80cm
  というメニューを採用される場合がありますが、それよりも更に8cmも高いのです。
  
 ⇒ 洗面台の適正高さという観点から88cmにしたのでしょうか?
  そうではなく、同一高さの一体化したカウンター内にドラム型洗濯乾燥機を
  納めようとして、洗面台の本来の高さを犠牲にしたという本末転倒の結果なの
  だと思います。
  もともと、洗面台と洗濯機とは全く別物であるのに、それを無理やり一体化して
  しまった設計に大いに問題があります。

 ⇒ モデルルームと一致していれば問題ないとしている論法には驚きました。
  使いにくかろうが、契約上問題ないということを言っているのですね。
  そもそも、モデルルームの状態は全ての住戸タイプに共通しているという説明が
  されていたのでしょうか?
  また、一般常識と乖離している部分については、その旨の説明書きがあり、
  その理由や趣旨を購入希望者に周知を図ることが必要ではないでしょうか。

□ > 71 洗面所スイッチ位置について
  >  ご回答:戸先側には、タオルハンガーがあります。
   >       又、タオルハンガー奥の鏡の収納扉と干渉する為、タオルハンガー
   >       の位置も変更できないことから、スイッチ位置の変更ができません。

 ⇒ スイッチ設置位置は、扉をちょっと開けただけでもすぐ操作できる戸先側と
  するのが、建築設計の基本です。
  それが逆側の吊元側の壁では、とても使いにくいです。
  いろいろ屁理屈を言っていますが、現状のままとしたいがための言い訳であって、
  本来設計・施工段階で、基本が守られるような総合的な工夫が必要だったの
  です。  

□ > 72 洋室で食洗器の音が良く聞こえる事について
   >   ご回答:キッチンと洋室につきましては、遮音間仕切壁の構造となって
   >      おりません。(クォリティブックに記載しております)
   >        恐れ入りますが、現状にてお引渡をさせていただきます。

 ⇒ ”良く”聞こえるのならいいのですが、悪く聞こえるのです。
   クォリティブックの何ページにどのように記載されているのですか?
   食洗器の運転騒音が静かであるべき寝室に伝わっている現状を売主として
   適正だと考えているのですか?

□ > 77 中央管理室の窓について
   > ご回答:防犯サッシとなっています。尚、窓はクレセントキーにてガラスの
   >      開閉ガラスの開閉レバーを固定し、開けられないように致します。

 ⇒ 防犯サッシュではなく、防犯合わせガラスですね? 
  固定して開けられなくするとのことですが、法的に問題ないのですか?
  そうであれば、最初からFIX(嵌め殺し)としている筈です。
  実際の運営上、開けざるを得ないのであれば、外部に面格子設置等の
  侵入防止策が必要だと思います。

□ > 49 室外機ドレーン配管接続について
   >  ご回答:室外機からの配管の「接続しろ」を長くして差し込みます。

⇒ 配管固定接続でない場合は、横接続ではなく、竪接続とすべきです。
  横接続のままでは接続代を長くしても、水漏れの可能性があります。

□ > 51 UB床を踏むと響くことについて
   >  ご回答:メーカー確認しましたが、FRP製の防水パンである為、音が発生
   >  しますが、浴室としての通常使用上、問題はございません。とのことでした。

 ⇒ ”音”ではなく、振動が発生しているのです。
  メーカーに確認したとのことですが、どのように確認させたのですか?
  現状を直接確認させたのですか?
  浴室の手前と奥とで状況が違っていることについては、どのように説明している
  のですか?

□ 売主回答内容については、買主が問題にしていることに正面から向き合って
 おらず、”現状にて引渡してしまいたい”がため、その多くが現状を正当化する
 ための、筋の通らない屁理屈ばかりであると感じました。
 買主(生活者)の立場に立って考えようとする気持が感じられません。


■ 後日談  Sさんからメール

□ その後ですが、引越し準備やローン手続き等と平行して売主と対峙しました。
 その結果
 46 バルコニ−を横断している雨水排水溝について
 72 洋室で食洗器の音が良く聞こえる事について
 は、最後まで是正には至りませんでした。
 しかし、それ以外の点は、ほぼ満足が得られる結果となったため、引渡し、入居
 と進みました。
 その間、本当に目が回るほどの忙しさ、村上様への報告もすっかり失念してしま
 いました。
 本当に申し訳ございません。

□ 入居して一番感じた事はとても「快適」。この一言に尽きます。
 二重窓の断熱・遮音効果だけでなく、上下隣からの騒音も殆ど感じません。
 意外に使いやすかったのは洗面化粧台の高さです。
 以前の家の低い洗面台で腰を痛めてしまった私にとって、腰を屈めるのが怖かった
 のが、今はこの高さ(88cm)が、ジャストフィット!腰を屈める必要がなくなり、とても
 楽に作業ができるようになりました。

□ このたび、私達のために4回もの内覧会検査リポートをブログに掲載いただき、
 感激しております。
 このリポートを振り返ると、村上様の言葉の通り、この業界の唖然とする体質、
 引渡推進室は「強引」に「引渡し」を「推進」する部署であることを十二分に
 体験させていただきました。(笑)

□ 私達なりに筋を通したつもりでしたが、詰めが甘い部分もあり100点満点とは
 いかないまでも、それに近い結果が出せたことは村上様のご指導・ご支援の賜物
 と感謝しております。
 本当にありがとうございました。
 本格的な夏をひかえ、くれぐれもご自愛下さいませ。


 (了)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            NHK出版 生活人新書   

■□■  「良質なマンションを手に入れる」 村上 健 著  ■□■

           どうぞ、ご参考になさってください。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  一級建築士 ・ マンション管理士
  村上 健
  HP      http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/
  メルマガ  http://www.melma.com/backnumber_63026/
  ブログ    http://kensanno-mansion-advice.at.webry.info/

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内覧会検査  新宿区の「ZPHST」マンション 後篇その2  健さんのマンションアドバイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる